カテゴリー別アーカイブ: スタッフ通信

気温の変化にご注意を

2015.07.04
asagao.biz-editor スタッフ通信

ここの所風邪ひきの方が増えています。

実は風邪だけではなく、

子供達の間ではリンゴ病や手足口病などウイルス性疾患が流行傾向にあるそうです。

理由として考えられるのが気温の変化による体調の悪化。

暑かったり寒かったり、知らぬ間にからだにダメージを与えてしまっているのです。

予防方法としてはやはり睡眠をしっかりととって疲労を抜くことに尽きます。

常日頃から身体のメンテナンスを心がけ、免疫を高める事も重要です。

詳細ページ

固定観念 その5

2015.06.30
asagao.biz-editor スタッフ通信

怪我をしたらレントゲン?

この質問される方、結構多いです。

これこそ固定観念ですね。

そもそもレントゲンって何かご存じですか?    そうです、放射能ですよね。

放射能はからだに悪いって大騒ぎしているわりにはほとんどの方が放射能のこと、本当は大好きなのかな?

な~んて思ったりしてしまうことたびたびです。「レントゲン撮って下さい。」率先してそう言っているあなたは、みずから放射能浴びさせて下さいと懇願しているのと同じです。

私は31年間、21万症例も臨床経験を積んだ骨のプロです。

なので怪我の具合を見たら骨折しているかどうか?レントゲンの検査が必要か?不要か分ります。

レントゲンはあくまでも検査であり、それによって痛みは無くなりません、怪我が治るわけでなく、しかもからだに悪いものなら出来るだけ避けた方が良い。は私の持論です。

不要な放射能被爆を避けて、怪我をしたら出来るだけ早く当院の受診をお勧めします。

1日も早く怪我が治るように精一杯サポート致します。

詳細ページ

固定観念 その4

2015.06.25
asagao.biz-editor スタッフ通信

熱の次は風邪です。

風邪をひいたらすぐに風邪薬を飲む。

はどうでしょうか?

風邪薬は風邪そのものを治すのでなく、

風邪によって起こる色んな症状を抑える効果しか有りません。

熱を下げる、関節の痛みを抑える、鼻水を止める、咳を止める。

などです。

風邪の原因となっているウィルスを退治するわけではないので、

結果的に風邪の治りを遅くしてしまう事すらあるのです。

風邪をひいたら、温かくして寝る。

シンプルこそが一番早く治るのです。

詳細ページ

固定観念 その3 熱が出たら

2015.06.25
asagao.biz-editor スタッフ通信

熱が出たらどうしますか?

そりゃ解熱剤飲むだろ!との声が聞こえてきそうですね。

でも本当にそれで良いんですか?

どうして熱が出るのか?考えて見ましょう。

熱が出るのには理由があります。

熱はからだからのシグナルなのです。感染症やアレルギー、怪我など・・・

私たちが本来持っている免疫機能が働いている結果、ウイルスや細菌など異物の侵入に抵抗した現れが発熱なんですね。

だからむやみやたらと解熱剤で熱を下げてしまうのは考えものなのです。

折角免疫機能でからだが侵入物と戦ってくれているのに熱が下がってしまったらどうなりますか?

それは皆さまが各自お考えになって見て下さい。

詳細ページ

固定観念その2 病気と栄養

2015.06.23
asagao.biz-editor スタッフ通信

病気をしたら滋養「栄養」をとりなさい、は本当か?

これもほとんどの方がそりゃそうだよ~栄養とらなきゃ治らないよ~

と仰ることでしょう。

でも、でも・・・それこそ固定観念なのです。

病気になったら食べないでひたすら寝る!

これが一番なのです。

食べないことで免疫を高め、エネルギーの全てを治すことに集中できる。

私はいつも「不食」でからだを治しています。

詳細ページ

固定観念 その1 

2015.06.23
asagao.biz-editor スタッフ通信

私たちは固定観念の中で生きています。

思い込んでるけど事実と違うものは多々あります。

水を飲むとからだが冷える。

これはどうでしょうか?私は毎朝500ミリリットル程度のお水を飲みます。

胃のあたりが冷たくなるのは一瞬で、すぐに元通りに戻ります。

つまりからだが冷えるのは水を飲んだのが原因でなく体調が悪かったり、病気だからなのです。

「水を飲むとからだが冷える」は実は、「病気だから、からだが冷える」が正しいと言えます。

詳細ページ

疲れたときの

2015.06.22
asagao.biz-editor スタッフ通信

疲れたときに食べたくなるのが甘いもの。

チョコレートを食べると一時的に元気になったような気がしますよね?

ところがこれが逆効果なのです。

確かに一時的に血糖値が上がるので疲れが取れた気がするのですが、

その反面、インスリンが大量分泌されることで食べる前より血糖値が下がり

疲れが増してしまうのです。

これをくり返すと膵臓が疲弊してしまい糖尿病予備軍に・・・

甘いものの食べ方にご注意下さい。

詳細ページ

水飲め裁判

2015.06.19
asagao.biz-editor スタッフ通信

みのもんたが訴えられた「水飲め裁判」ご存じですか?

番組の中で紹介された「水を1日2リットル飲む健康法」を忠実に守ったことが原因で病気になった。

が原告の言い分だそうです。

私も日頃水を飲むことを勧めていますが、飲む量に関しては体重や体質、生活習慣で必要量が違って来ます。

例えば体重が40キロ程度の汗を全くかかない人が1日2リットルでは多すぎます。

反対に私のように毎日走る人は2リットルでも足りないぐらいです。

つまり人によって水の必要量は違ってくるのです。

いずれにしてもみのもんたを訴えるのは本末転倒。

番組で紹介されたからといってそれを行うか否かの判断は自分でしたので、

自己責任だと思うのですが・・・いかがでしょうか?

詳細ページ

トランス脂肪酸

2015.06.17
asagao.biz-editor スタッフ通信

トランス脂肪酸がからだに悪いことはご存知ですか?

アメリカFDAがトランス脂肪酸の使用禁止を発表したことがYahooニュースの記事になっていました。

FDAは明らかに有害だからこそ食品への使用を禁止したわけですが、日本の厚生労働省は日本人はトランス脂肪酸の摂取量が少ない、との理由で今後も規制することを考えていないそうです。

物質そのものが有害なら摂取量を使用規制の物差しにするのは危険だと考えます。

使用規制がかからなくとも摂取を控えた方が安全なことは間違いないので、自分の身は自分で守るしか無さそうです。

詳細ページ

呼吸は大事

2015.06.16
asagao.biz-editor スタッフ通信

深呼吸と言われたら

吸うこと?

吐くこと?

どちらを想像されますか?

ほとんどの方は「吸って~吐いて~」
となるので吸う方が優先になってしまうのでしょうか?

ところが呼吸には人生を通じて順番があるのです。

赤ちゃんとしてこの世に生を得た瞬間は「おぎゃ~」と吐きます。

逆にこの世から去る瞬間は息を吸い込んで生涯を終えるのです。

生まれた瞬間に吐き、

生を終える瞬間に吸う。

だから深呼吸は「吐くこと」優先なのです。

詳細ページ